スポンサード リンク

TOPページ/体験版・試用版/無料ソフト・フリーソフト/無料・フリー・データ・資料

スポンサード リンク

madCAM
ダウンロード
販売 madcam-japan.com
madCAM JAPANでは、開発元と協力し日本でのmadCAMの各種サービス等を提供している
madCAMとは、スウェーデンの金型製造メーカーのGVF社が開発したCAMソフト。
10万円を切るRhinoceros用3D-CAM、低価格の3DCAMソフトです
ライセンスタイプは、エントリー3軸とエキスパート5軸が用意されています
日本語版もリリースされています
madCAMとRhinocerosの組み合わせで、低予算でもCADCAMシステムが構築出来る。

動作OS
IntelまたはAMDのPentiumII以上の互換CPU
Windows 2000、XPまたはVista
512MBのRAM (1GB以上を推奨)
OpenGLグラフィックカードを推奨
200MBの空きディスク容量(Rhino)
30MBの空きディスク容量(madCAM)

一部機能紹介
madCAMはRhinoceros上のプラグインなのでモデリング操作などはRhinoceros上で行います。Rhinocerosも日本語で、参考になるユーザーサイトや関連書籍も多いのでスキルアップについても比較的容易に行っていけると思います。インストールなども画面の指示にしたがっていけば簡単に行える。加工工具も登録可能、ポストプロセッサはテキストエディタで編集でき、使用加工機に合わせた設定も行えます。madCAM自体の設定は項目もそれほど多くもなく難しい所はないようだが、モデリングや表示などはRhinocerosが行うので、Rhinocerosの設定も再度確認してみる事をおすすめします。カッターパス作成の流れとしては、加工したい形状を選択、使用工具を選択、加工領域の指定、加工方法を選んで実行、切削シミュレータで確認、という流れになっています。2.5次元加工は平面的な線、エッジ等を指定して3次元的なカッターパスを作成するので、2次元加工の感覚で加工ができます。

■3次元加工
 ●荒加工 ●等高線仕上げ加工 ●面仕上げ加工
 ●ペンシル加工 ●再加工部自動認識
■2.5次元加工
 ●輪郭 ●ポケット ●フェイシング ●ドリル
■曲線加工
 ●曲線沿い ●投影曲線 ●2曲線間 ●境界線から
■4/5軸加工
 ●4/5軸の割り出し加工
などの機能が用意されています。

■体験版は30日間、エントリー版とエキスパート版を評価できます。


●参考ページ *RhinoCAM[ライノキャム]  *VisualMill ビジュアルミル

madCAM

スクリーンショット


スポンサード リンク