スポンサード リンク

CADCAMCUBE TOP / 体験版・試用版 / 無料ソフト・フリーソフト / 無料・フリー・データ・資料
図脳RAPID3D Pro の簡単な使い方など
(1)表示モード (2)補助線の作成 (3) 2次元作図
長方形(2点)
(4)抜き勾配 (5)フィレット・角丸め
(6)薄肉化、くり貫き (7)投影穴 (8)作業平面移動
側面穴用の作図
(9)最終回
作業平面初期化
図脳RAPID3D PRO
体験版 ダウンロード
その他の機能をご紹介

フィレットについて


ソリッドモデル作成 フィレットの付け方

チュートリアルとは別に、フィレットに関してもう1つ、やって見たいと思います。
順番やかけかたについてなど
まず、手前の角のみに、フィレット > 丸め > 一定 でR5 を付けます。
次に、フィレット > 丸め > 始終 で、始点 1 、終点 5 と設定して見ます。
稜線の@ABを指定します。
右クリックメニューから、指定終了 > フィレット実行と続けます
こんな感じになりましたね

では、同じ図形でフィレットのかけかたを変えてみます。
まず、フィレット > 丸め > 一定 でR5。 手前の稜線@を選択して、
右クリックメニュー、指定終了を選択。
次に、右クリックメニューでパラメータ・ボックスを選択します。
ここで、丸め > 一定 でR5。Aの稜線を選択、右クリックメニュー、指定終了を選択。
同じように、Bを指定して、丸め > 一定 でR1。
右クリックメニュー、指定終了、フィレット 実行
という感じになりました。
つまり、何が言いたいかと申しますと、もっと複雑な形状になると、面の交わる部分が多くなり、
順番やコマンドの選択を間違えると、上手くフィレットがかからないので、
コマンドはもちろん、順番や方向、またソフトのクセなどを掴んでおくと、
悩む時間も少なくなるのではないでしょうか。

スポンサード リンク